バストアップアイテムで魅力的なボディをゲット

脂肪注入法の種類

下着姿の女性

女性が悩む身体の部位は下半身であれば太ももであり、上半身であればバストの大きさです。後者のバストに関しては、もちろん大きさだけでなく形であったり、手触りにもこだわる女性もいます。しかしながら、最も多い悩みはバストの大きさです。そこで、バストアップのための美容整形を受ける人がいるわけです。このバストアップの実現には脂肪注入法がもっともポピュラーな施術方法です。自身の脂肪を胸に注入するのですが、メスを使用しないので傷跡が残りません。これで豊胸手術をしたことがばれることはありませんし、見た目も良いです。また、自身の脂肪を使うのでアレルギー反応などの後遺症について心配する必要がありません。こうしたことを要因にして脂肪注入法の人気が高いのです。しかしながら、この脂肪注入法にも種類があります。それはコンデンスリッチ法とPRP脂肪注入法の2つが一般的です。後者のPRP脂肪注入法はあまり聞いたことのない施術法ですが、コンデンスリッチ法と同じ程度に脂肪の定着率が高く安全性に非常に考慮されている豊胸手術です。

コンデンスリッチ法は脂肪注入法の中でも極めて高い定着率を誇ります。脂肪の定着率は80%以上です。また、脂肪の定着量も極めて多いです。PRP脂肪注入法と比べるとその差は明らかです。基本的にはPRP脂肪注入法の場合、幹細胞のみを抽出するので、それ以外の脂肪は処分してしまいます。そのため、定着量は半分程度になります。それに対して、コンデンスリッチ法の場合は無駄なものがないといっても過言ではないほど、ほぼ全ての脂肪を使用します。この2つの施術法の相違点は定着率と定着量にあるといえます。また、施術時間については、PRP脂肪注入が2時間程度で済むのに対して、コンデンスリッチ法は6時間程度かかります。バストアップを目的に施術を受けるとき、どちらも有用な施術ですが、リアルなバストをより実現しているという点だけで判断すればコンデンスリッチ法の方をおすすめします。それというのも、取り出した脂肪を遠心分離するプロセスがあるのですが、それによって若々しい脂肪と古い脂肪を分離させるのです。そのため、若々しい脂肪がバストに注入されるので、感触がリアルなバストアップを実現できます。